BLOG



LWF:privateDataを拾う

ようやく気がつけたのでまとめ。

loadLWF()するところで、privateDataを次のように設定したとする。

// privateDataに渡すパラメータ
var _param =
{
  test: "あいうえお"
}

window.onload = function() {
    var stage = document.createElement("canvas");
    stage.width = 0;
    stage.height = 0;
    document.body.appendChild(stage);

    LWF.useCanvasRenderer();
    cache = LWF.ResourceCache.get();
    cache.loadLWF({
        lwf: "hoge.lwf",
        prefix: "hoge.lwfdata",
        stage: stage,
        privateData: _param,
        onload: function(lwf) {
             window.lwf = lwf;
             window.lwf.setFrameRate(60);
        },
    });
};

 

自動生成される「hoge.js」内で取得するには、次のような感じ

trace( global.LWF.privateData.test ); // "あいうえお"がコンソールログに表示

はじめから定義されている、「LWF(= global.LWF.LWF)」経由ではダメらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

トラックバックURL : http://tool-hp.com/blog/314/trackback/