BLOG



最近のAIR for iOS事情(2014/6)

6/27に無事iOSアプリが公開された「connect block」ですが、制作絡みで気になった点を、備忘録としてまとめておきます。

 

アプリ申請するには、最新のSDKが必要


制作中、自分のiPhoneでテストする限りは問題がありませんが、最後にApplication Loaderでipaを送信しようとするタイミングで次のようなエラーで弾かれてしまいます。

 

ERROR ITMS-9000: “This bundle is invalid. New apps and app updates submitted to the App Store must be built with Xcode ● and iOS ▲ SDK.” at SoftwareAssets/SoftwareAsset (MZItmspSoftwareAssetPackage)

 

「現在のiOS に対応していません」という旨のエラーです。
解決策としては、最新のAIR SDKを公式のこちらよりダウンロードして、再度パブリッシュします。

問題なのは次の2点で、場合によっては致命的です。

1) 出たばかりのFlash(CC 2014)が標準装備しているSDKがすでに時代遅れ(AIR 13.0。最新は14.0)

2) iOSが新しくなる→AIR SDKが更新されるまでにタイムラグがあるので、タイミングによっては、最新のSDKがリリースされるまで公開が待たされる場合がある。

 

Flashで対応されていない必須アイコン画像をどうにか埋め込む必要がある


iOS7以降で必須となった「80×80」、「120×120」、「152×152(iPad)」のアイコン画像を、Flashの「AIR for iOS 設定」から登録することができません。(Flash CCまで。CC 2014では項目が追加された

これもApplication Loaderで送信するタイミングでエラーになります。

 

ERROR ITMS-9000: “This bundle is invalid. The file is not a valid application bundle.” at SoftwareAssets/SoftwareAsset (MZItmspSoftwareAssetPackage)

 

この場合は、Macのコンソールから「パブリッシュしたipaを一度開いて画像を追加し、再度パッケージングを行う」ことが必要になります。

次の先人お二人の知恵に助けられました。
http://webconsole.blogspot.jp/2014/02/air-for-iositunes-connect.html
https://discussionsjapan.apple.com/message/100814182

 

すでに使えなくったANEもある


広告表示やアプリ内課金、GameCenterなどを利用したいがために、ANEが必要になる場合もあります。
自作ができなくても、無料・有料を含めていくつかのANEは公開されています。(まとめサイトなどもある)

ですが、公開されているもの・実際に使用実績があるものであっても、現在のiOSやAIR SDKで使えなくなってしまったものも多くあるようです。
connect blockの場合ですと、当初、アプリ内課金とGameCenterにAdobe Gaming SDK 1.3のANEを利用する予定でしたが、結局うまくいきませんでした。

その他いろいろ試して回りましたが、結局MilkmanGames のANEに落ち着きました。
有料・英語ですが、リファレンスやサンプル、PDFによる実装までのチュートリアルもキチンとありますし、購入後1年はメールサポートとANEのアップデートを無料で受けることができます。(アップデートもかなり精力的です)

恐らく次のAndroid版のリリースや、他のアプリ制作のときも利用させていただくことになると思います。

 

以上

 

Flash制作者としての立場から言わせていただくと、もう少し公式のレスポンスが早かったり、こういった裏ワザ的なことをせずに済むようになれば、大変助かるのですが….

コメント

トラックバック

トラックバックURL : http://tool-hp.com/blog/383/trackback/